felicite 〜横浜お菓子&カフェスクールAtelier LEKUONAの講師日記〜 お菓子に満たされてこそ至福

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
甘い芳香に酔いしれる


このアルコールは、フランスのコニャック村で生産されている
「ローズコニャック」です。
素敵でしょ☆

香りは勿論のこと、味わいも素晴らしく、
後味に残るバラの甘い香りと味わいが
しばらくしても消えることなく広がり続けているのです。

このコニャックは、12月のクリスマスレッスン「ピエール・ド・ネージュ」で
登場する予定。


バラとイチゴとピスタチオを組み合わせたクリスマスケーキに
さ〜て、一体どのようにして登場するのでしょうかね〜?


それにしても、アトリエでは相変わらず増え続けるアルコールアイテム達の収納場所に困り果てております。

ただ、個人的な主観ではありますが、
美味しいケーキ作りに欠かせないアイテムの一つ!
増えるのも当然じゃない・・・と開き直っていますから。

例えば、こんな風に・・・

イチゴにオレンジリキュールや、キルシュを振りかけマリネする。
イチジクをポルト酒や赤ワインでコンポートする。
トロピカルフルーツをキャラメルソテーし、テキーラやジンで香りをつける。
ドライフルーツのスパイスマリネをビールのオー・ド・ヴィーや黒ビールで漬け込む。
ショコラと焼酎、ショコラとラム酒、ショコラとカルバドス、ショコラとキルシュ、ショコラとオレンジブランデー・・・・・
ショコラの酸味、苦味、スパイシー香に合わせ、その個性を惹きだせるようにお酒をマリアージュさせてみる。



素材の持つ香りと味わい
その個性をぐんと引き出してくれる名脇役が「アルコール」なのではないでしょうか。

飲む愉しみだけではなく、調和させる愉しみも兼ね備える「アルコール」。
その魅力の虜になってしまっている。。。

いや、これぞ至福のひとときなのでしょうか!?

皆さんもご一緒にハマってみませんか?









| 23:35 | 製菓材料について | comments(0) | trackbacks(0) | posted by saya |
スポンサーサイト
| 23:35 | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://felicite-saya.jugem.jp/trackback/346
<< NEW | TOP | OLD>>