felicite 〜横浜お菓子&カフェスクールAtelier LEKUONAの講師日記〜 お菓子に満たされてこそ至福

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
ニースでの旅日記・・・2


ニースのファームペンションへようこそ!

といっても、この雰囲気。
ちょっと不安が募ります。
ナチュールといえばそうとも捉えられますが・・・




しかし、少し先へ進んでいくと



期待感を膨らませてくれるような未知の世界への扉に出会え・・・

まるで作り話のようですが
犬2匹とと猫2匹が、わたしたちをこの先への世界へと、先導してくれたのです。









こちらの素敵な建物は、一日一組限定の素敵なお部屋。

そして、目の前のお庭では、夜空にきらめく美しい天然’蛍’に
数え切れぬほど出会うことができたのです。

このときばかりは、子供のように夢中で蛍を追いかけてしまった。。。




そして、今回もっとも楽しみにしていた
マダムイザベラ(宿主)のアトリエへ。
















マダムイザベラのハイセンスさに圧巻です!

想像を絶する世界に、言葉を失うわたしたち。

何をどうしたら、こんな世界が作れるのだろう・・・
自然美の中で繰り広げられるナチュラルなアトリエは
どことなく現代的で、でも古きよきものを重んじているようにも感じ
きちんと機能できる道具全てが、ガラクタやおもちゃのようにも思える。

まるでおとぎの国の夢世界へと、ふらりふらり舞い降りた気分に。。。


わたしたちは、嬉しさの表れなのか
しばらくの間、笑い続けてしまいました。


しかも、この日はこちらのアトリエを貸し切りできるということで。


近くのスーパーで食料を買い、こちらのファームでもぎとった野菜たちでサラダを作り
ワイン巡りで購入したジゴンダスワインとともに簡単なディナーセットを作って
二人だけの貸し切りパーティーをすることに。




ラグジュアリーなパリのホテル滞在ももちろん素敵かもしれないけれど
わたしはフランスの旅のよさをこんな部分に感じてしまいます。

どんな時も、着飾ることなく素でいられるって良いことです。

だから、未知なる旅にはまり、フランスに恋してしまうのでしょう・・・ね。











| 11:15 | フランス | comments(0) | trackbacks(0) | posted by saya |
スポンサーサイト
| 11:15 | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://felicite-saya.jugem.jp/trackback/567
<< NEW | TOP | OLD>>