felicite 〜横浜お菓子&カフェスクールAtelier LEKUONAの講師日記〜 お菓子に満たされてこそ至福

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
初夏のタルト



からっと晴れやかな青空と太陽がお似合いの
夏タルトを焼いてみました。

タルト生地には定番のクレームフランジパーヌを。
その上には、甘酸っぱいリュバーブコンポートと
ハーブシロップでマリネしたパイナップルスライスをたっぷりとのせて焼き上げました。

味わいだけでなくビジュアル的にも
瑞々しさが思いっきり感じられる季節のタルトです。

きりっと冷えたジンジャーエールやレモンソーダーと一緒にいかがでしょう?




暑さと湿度のせいでか
この時期は無性に酸のきいたものが欲しくなります。


先日も、ふと酢飯が食べたくなり・・・
三枚に下ろした鯵を酢〆し、薬味をたっぷりときかせ
混ぜ寿司を作りました。

久しぶりのさわら飯台の登場に
突如、訪問者でもいたのか?という感じですが
手の届くところに収納していると
気軽に作れてしまうものなのですよね〜。

近頃巷では、何かとクイック式が求められ
いかに手を抜き簡単にちゃちゃっと作れてしまう
そんなお料理やお菓子が人気を得ている傾向にありますが
作り手の立場からすると、複雑です。。。

ビジュアルが良くても
手を抜けば抜いただけ
それなりの味にしかなりませんもの。

せっかく「作る」という同じような行為はしているのに
おいしくなければ、気持ちはまったく揚がりませんよね。

タルトをおいしく!
酢飯をおいしく!

ベーシックなものであればあるほど
手抜きはせず、基本に忠実に作ってこそ
愛情を感じる至福の味わい♪


レクオナの皆さん
明日も基本に忠実に、たーくさんのパーツを作り
美味しいお菓子を作りましょう!!













| 17:35 | おいしいもの | comments(0) | trackbacks(0) | posted by saya |
スポンサーサイト
| 17:35 | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://felicite-saya.jugem.jp/trackback/787
<< NEW | TOP | OLD>>