felicite 〜横浜お菓子&カフェスクールAtelier LEKUONAの講師日記〜 お菓子に満たされてこそ至福

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
秋のタルト

 
Tart au marron

秋風が心地よく感じられる過ごしやすい陽気になりましたね。

朝から渋皮マロンをたっぷりとのせたタルトを焼きました。

和テイストなスタイルで
緑茶ペーストを練り込んだアーモンドクリームを組み合わせてみました。
緑茶ペーストは、桜ペーストや桜の塩漬けで有名な山眞産業さんの商品です。
抹茶よりも癖のない、爽やかなお茶の風味が楽しめる便利なペーストです。

アーモンドクリーム生地の中に、茹で小豆を入れようかと悩みましたが
甘さのバランスが崩れるような気がしたので、今回は極シンプルに。

実に贅沢で美味しいタルトに仕上がりました♪

最近のお菓子製作は、ベビーくんに目が行き届くよう
アトリエではなくもっぱら2Fキッチンで行っており
焼成も業務用オーブンでなく、家庭用HITATHIの電子レンジオーブンを使用しています。
これまでほとんどのお菓子は業務用オーブンを使っていたのですが
近頃、色々なジャンルのお菓子を焼いてみて
家庭用オーブンの進化した高性能に深々と感心しています。

業務用と何ら変わりなく、どんなお菓子も
グットな仕上がりに焼き上げられるのですよね〜。


Chocolat Crassique

ラムレーズン入りのクラッシックショコラも
低温焼成し、しっとり&ずっしりとした仕上がりに。

深め、濃いめのお菓子が美味しく感じる季節...
お菓子マニアにとっては、無性にわくわくしますね。








| 10:28 | おいしいもの | comments(0) | trackbacks(1) | posted by saya |
束の間の休息


              げっぷ中のベビーくん まるでおじいさんのような哀愁漂う後ろ姿です。。。


ベビーくんは早くも生後二ヶ月が経ちまして、ぐんぐんと成長を遂げています。
驚異的にも、数日前から首すわりをし始め
抱っこもげっぷをさせるのもだいぶ楽チンに
最近では、あ〜う〜、きゃはっ、ふーっ などと喃語をしゃべり始めるようになり
ご機嫌なときは、にやりと笑みを見せてくれるようになりましたよ

ぐんぐんと成長していくベビーくん。
日々しっかり観察しなければとしみじみ感じる今日この頃です。


さて、今日は家族からお許しがでまして
母にベビーくんを預け、出産後初のフリータイムを楽しませてもらうことに。

広尾のア・ニュにて





プリフィクススタイルのメニュー構成のこちらのランチは
お料理にプラス、シャンパンがセットで3500円!と嬉しいコストパフォーマンス♪

どのお皿も胃にも心にも優しい軽やか仕立てでして
心癒せるオシャレランチが楽しめましたよ


帰りは、広尾のナショナル麻布スーパーに寄り
巷でちょいと話題のガチャガチャ式ピーナッツ&アーモンドバターを体験!



こちら、フレッシュなピーナッツ&アーモンドバターを作る機械なんです。
機械の上から袋に入ったピーナッツを入れ、レバーをガチャリと回すと…
まるでソフトクリームのように、にょろりとフレッシュなピーナッツバターが出てくるの。
無糖、無塩、無添加のそのお味は
口いっぱいにピーナッツ香がふわーっと広がる、濃厚で味わい深いものでした。
早速、カントリーなクッキーを焼こうかしらね〜。

今日は、たった4時間の短い広尾滞在でしたが
とってもリフレッシュでき、大満足な一日が過ごせ、母に感謝です













| 22:00 | 講師sayaのつぶやき日記 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by saya |
巨峰のタルト




旬のフルーツを使ってタルトを焼きました!

この日のタルトは、巨峰を皮ごとタルトベースにのせて焼き上げた
ジューシーな「Tart au rasin」

このタルトの最大のポイントは
「皮ごとのせる」ってところ!

葡萄の実が皮にコーティングされたまま
オーブンでじっくりと加熱されていくので
実はジューシーさを保ち、且つ葡萄の凝縮した果汁が
じんわりとアーモンドクリーム生地に浸み込んで
焼き立てなのに不思議なほど熟した風合いに仕上がり
ビジュアル&味わい共に、深みのあるタルトに仕上がるのです。

巨峰の季節もあと僅か・・・
是非店頭に駆け込み、作ってみてくださいね。


近頃だいぶ!?ベビーのお世話も慣れてきましたので
今回のタルト作りは、以前よりは要領よくちゃちゃっと作りましたよ
とはいえ、抱っこ紐を使いつつではありますが

生後2か月でお菓子づくりを体験できてしまうベビーって・・・
終始きょとーんとした顔でした。


あれよあれよという間に体重は6kgと
ほっそりだったあんよも、こんなにもむちむちになりましたので
これからは益々「抱っこ」がまるで「筋力トレーニング」のようですわ

さぁ、次は何を焼こうかな?



| 22:54 | 講師sayaのつぶやき日記 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by saya |
至難の業


 
Tart aux fruits rouges

残暑厳しい日々が続いていますがいかがお過ごしでしょうか?

こちらは、先週ベビーの1か月検診が無事終わりまして
日に日に身体も動きも大きくパワーがでてきました。
誕生から僅か40日というのに、なんだか主張もしっかり!?
流石男の子ですね〜。
100面相のユニークな表情に加え
手足で逞しいほどのキック&パンチをしています。
授乳中でさえ、ご機嫌斜めな時は、吠えてますから〜。笑えます。

先日はそんなベビーのお世話の最中、気晴らしにお菓子を作りました。

まだ、これまでにマドレーヌにガトーショコラ、マンゴープリンと
1ステップの簡単なお菓子のみしか作ることができず、それでもかなり苦戦していたのですが
今回は、3ステップ以上もあるタルトにチャレンジしてみました。

タルトを伸ばし、フォンサージュ中におぎゃーおぎゃー
タルト空焼き後におぎゃーおぎゃー
クレームダマンドを詰め焼成中におっぱいリクエスト
ブルーベリーをのせる際にげぼっげぼっ

てな感じで、たかがタルトに
なんと4時間以上かかってしまいました。

もう最後のほうは、抱っこしながらタルトの焼成をしてましたから。

いや〜、それにしても昼間のお菓子作りはコリゴリ!
今日は、さきほど寝かしつけてからひっそりと
ニューヨークチーズケーキのアパレイユを仕込みましたよ。

そう、これも一度に作り上げようとすると上手くいかないものと学び。。。
焼成は明日じっくりと取り組もうと思います(笑)


写真のタルトは、タルト生地をタルトリングにフォンサージュした後、一旦薄めに空焼きします。
そこに、クレームダマンドを詰めて10分ほど焼成し
冷凍のブルーベリー&フレーズデボワをアプリコットジャム少量であえたフィリングをのせ
さらに、空焼きしたクランブルをふりかけて、仕上げ焼成しました。

シンプルだけど、生地の美味しさに加え、ベリーの程よい酸味が心地よい焼きっぱなしタルトです♪

ではでは、皆さんも時間を上手にやりくりし
美味しい手作り菓子を作ってくださいね!















| 17:48 | 講師sayaのつぶやき日記 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by saya |
誕生



皆さまこんにちは。
猛暑日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか?

なかなかPCに向き合う時間が作れず
ブログ更新がすっかり滞ってしまい、すみませんでした。

また、ご報告が遅くなってしまいましたが
2週間ほど前の出産予定日の翌日
無事3350gの元気な男の子を出産致しました。

出産は、陣痛発生から30時間と想定外の長期戦となってしまい
耐えきれぬ陣痛の辛さに、何度となく滅入りそうになりましたが
そんな中で感じる痛さ、怖さ、不安...と、さまざまな困難を乗り越え
うれしいこと、いとおしいこと、温かいこと、やさしいことを
改めて理解できるようになったように思えます。

そして、出産は私たち夫婦にとって
人生の大きな通過点だと、今改めて感じるのでした。



昨日、里帰りから自宅に戻り
赤ちゃんと二人っきりでの生活がスタートしました。
まだまだ不安だらけではありますが
少しずつお世話にも慣れ、生活リズムも取り戻しつつあります。

小さな小さなエンジェル君は、時にリトルモンスターへと化しますが
小さいながら日々一生懸命生き、成長を遂げている姿を間近で見ていると
こちらもそれに応え、頑張らねばと
並みならぬ勇気と元気パワーをもらえます。

まぁ、ゆっくりスタートになってしまうことは間違いありませんが
限られた時間を有効に使い、ベビーからもらう大きなパワーをばねに
レッスンスタートに向けても準備していけるよう頑張りますね!








| 12:09 | 講師sayaのつぶやき日記 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by saya |
オレンジ風味のクレームキャラメル
夏の太陽、眩しいですね〜。
ついに夏がきてしまったか〜っと実感するそんな陽気が続いていますね。

晴れたある日のこと。
横浜のとあるハワイアンカフェでお茶をした際に注文をした、夏のデザート

ココナッツミルクがけのカキ氷
まぁ一見、ごくシンプルなかき氷に見えるのですが


いやいや、中に仕掛けが…

中央をほじくってみると


氷の中から、プリンが登場〜!

中のプリンは、ぷっちんプリン的なお味でしたが
ちょっとしたサプライズに、無邪気に喜んじゃいました。



で、帰宅後、無性に美味しいプリンが作りたくなりまして…
アパレイユを仕込み、バニラとオレンジの香りを浸透させる為に一晩休ませ、翌朝焼き込むことに。

じっくりとアパレイユに香りを移している為、ほのかに香るオレンジとバニラの風味が卵臭さを和らげ、美味しさUPに繋がってます。

今回は、ストーブ社のテリーヌ型を使用し型抜きタイプのプリンを作りました。
型抜きと言えども、硬めな口当たりは好ましくないので、抜くにはギリギリの配合にチャレンジ!

卵黄と生クリームの割りを多めに入れ、濃厚且つクリーミーな味わいのなめらかプリンにしたてましたよ。

簡単なので、皆さんも作ってみてはいかがですか?



Creme caramel

<材料>
ストーブ社テリーヌ型ハーフサイズ一台分

*アパレイユ
全卵                     150g    
卵黄                    36g
グラニュー糖           105g
牛乳                     380g
生クリーム(35%)   120g
バニラのビーンズ     1/2本
オレンジ(皮すりおろし)1個
グランマニエ            10g

*カラメルソース
グラニュー糖            100g
熱湯                       30g


<作り方>
*テリーヌ型にポマード状のバターを全体に薄く塗り冷蔵庫で冷やしておく。

1.鍋に牛乳と生クリーム、包丁で裂いたバニラ、オレンジの皮を入れ、弱火で沸騰直前まで加熱する。蓋をして約30分置き、バニラとオレンジの香りを移す。 
2.ボウルに全卵と卵黄を入れてほぐし、グラニュー糖を加え、泡立てないよう注意し、砂糖の粒子が溶けるまでしっかりとすり混ぜる。
3. △忘討喨騰直前まで温めた,鮑ぜながら、少しずつ注ぎ入れる。
4. を濾し器で裏ごし、表面の泡をクッキングペーパーでふき取る。
5. カラメルソースを作る。大きめの鍋にグラニュー糖を入れ、弱火にかけてゆっくりとお砂糖を溶かす。全体が溶けてきたら、木べらで混ぜ、やや濃いめのキャラメル色になるまで煮詰める。手早く火からおろし、熱湯を少しずつ加え、色止めする。
6. カラメルソースが熱いうちに、用意したテリーヌ型に流し入れ、カラメルが固まるまでしばらく置いておく。
7. Δ侶燭法∈ぜなおしたアパレイユを静かに注ぎ入れ、テリーヌ型の蓋をする。深めのバットに80度に調整した湯を張り、型をのせる。(型8分目まで湯にあたっているようにする)
8. 150度の電子レンジオーブン(コンベクションタイプ)で約45分焼成する。焼きあがりは、型を少し傾けて、中心がふるふる揺れる程度が目安。
9. 粗熱が取れたら、冷蔵庫に一晩入れしっかりと冷やす。
10.型の周囲のプリン生地を指で1周軽く押し(プリンを型離れさせておく)皿をかぶせて逆さまにする。2〜3度軽く振り、ぽこっと音がしたら、型を静かに持ち上げ、型から外す。


注!
*焼成直前のアパレイユの温度が冷めてしまった場合は、湯煎にあてて40度くらいに温めなおすこと。
*焼成時間はあくまでも目安なため、火入れ8割後は、5分間隔、3分間隔で蓋を開けてその都度チェックするとよい。












| 11:42 | レシピ | comments(0) | trackbacks(0) | posted by saya |
縁起担ぎのカツ!?


そろそろカツを入れねば と
昨夜は創作スタミナ豚カツを作りました。

薄切り肉を使ってちょいとヘルシー志向。
いやいや、豚カツにヘルシーを求めちゃダメダメ!?

まぁ、結果オーライですもの。

ニンニクや大葉がアクセントとなり、とっても美味贅沢な豚カツですよ。


作り方は超簡単!

豚もも肉またはロース肉の薄切りを4〜5枚、3mmほど重ねながら並べ、塩、こしょうをします。
そこに、海苔、大葉2枚ほど、ニンニクスライス適宜、つぶし梅適宜を順にのせ、端から空気が入らぬようくるくるっと巻いていきます。

あとは、通常通り、小麦粉、卵、パン粉の順に衣をつけて170度の揚げ油で揚げるだけ!
仕上げに2度揚げテクを取り入れ、180〜190度の高めの油でさっと仕上げるとより一層上質な仕上がりになりますよ。

ポイントは、質の良い豚肉を使用すること。
今回は、沖縄産のやんばる豚を使いました。
また、衣用のパン粉は、生パン粉がお勧めです。
生パン粉を使うことで、ふわっかりっとした軽やかな食感に仕上がりますからね〜。

豚カツソースは勿論のこと、この時期はあっさりとおろしポン酢で合わせるのも良いです。

あ〜夏の豚カツ
があればより最高ですな






| 08:01 | レシピ | comments(0) | trackbacks(0) | posted by saya |
夏バテ対策に必見!ホウレン草のインド風カリー



こうも蒸し暑い日が続くと、ふとあの長閑で美しいバリの光景を想い起し
多少なりとも癒されている自分にはっと気付かされ・・・

安上がりな癒しだな〜と微笑。

目が少々潤ったところで、胃袋もと
最近、身も心も無性に欲しているスパイシー料理を作ることに。

重い腰をヨイショと持ち上げ、昨日は本格インドカリーに挑戦してみましたよ。


ホウレン草カリー「サグパニール」


6人前でホウレン草2束使用!
妊婦に必須な栄養素「葉酸」がこれでもかってほど摂取できてしまう
超ヘルシーなカレーです。


塩茹でしたホウレン草をミキサーでピュレ状にし
調理時間10分程度の簡単カレーベースに加え軽く煮込み



仕上げに、↑ 自家製リコッタチーズをちぎって加え、一煮立ちさせハイ完成

初挑戦にしては、かなり大成功な一皿に仕上がったので
レシピをご紹介しましょう

ホウレン草カリー「サグパニール」
<材料>
6人分

玉ねぎ(みじん切り                         大1

にんにく(みじん切り)                  1片

しょうが(みじん切り)                  1片

クミンシード                                   大1

カルダモン                                       2粒

クローブ                                          2粒

ローリエ                        大1枚
オリーブ油                      大3 
ラード                         少々
→コクを加えるため、鴨脂を使用しました。
                                        


トマト(ざく切り)
                         小3

コリアンダーパウダー                     大2

ターメリックパウダー                     小2

ガラムマサラ                                   小11/2

カイエンペッパー                            小2/3


ほうれん草
                                       2束
                    

                                                     約50ml                    


ブイヨン
                                          350ml
                

生クリーム                                       大2

リコッタチーズパニール(ざく切り)出来上がりの2/3量使用 *下記参照塩                              小1 *お好みで調整
こしょう                        少々

<作り方>

1. 鍋にサラダ油を入れ、クミンシード、カルダモン、クローブ、ローリエのスパイスとにんにく、しょうがを入れて弱火にかけ、香りがでるまで炒める。

2.  ,
玉ねぎを加えて甘みがでて飴色に色づくまで中火で炒める。

3. トマトを加え、ペースト状になるまで炒め、塩と残りのスパイスを加えてなじませる。火から下ろし、常温で休ませる。
     

4. にaブイヨンを加えて沸かし、ホウレン草ピュレと生クリームを加えて温める。

5.
 
い縫僖法璽襪魏辰┐洞火で煮立て、塩で味を調える。

<リコッタチーズ(パニール)>

牛乳 1L
大3 
生クリーム 200ml

大3 少々


*牛乳と生クリーム、塩を鍋に入れて沸かし火から下ろす。
酢を加え、再び弱火で温め分離させる。
ガーゼにあてて濾しそのままガーゼで包む。
上から重しをして冷蔵庫で約2時間休ませる。

*パニール作りが面倒であれば、市販のカッテージチーズをガーゼに包み重しをして冷蔵庫で2時間以上水切りしたものを使用してもよいと思いますよ。











| 11:01 | レシピ | comments(0) | trackbacks(0) | posted by saya |
プラムシロップ
まだまだ兆候が現れず・・・

必死にお腹を張らせようと、近所をうろうろ。
そして、スローモードで食べたいものを作り、気分転換している今日この頃です。

昨日は、八百屋さんで完熟プラムを発見!
2パックも購入してしまい、1パック分はプラムシロップを仕込むことに。




蒸しているこんな日にお勧めの季節のドリンク
プラムソーダー


自家製プラムシロップに炭酸ソーダーを注ぐだけですが
味わいはトレトレボン!
とっても贅沢なサマードリンクですよ。


旬のプラムを使って
プラムシロップにチャレンジしてみましょう!

調理時間は、たったの30分
ヨーグルトにかけても、もちろんGOOD!ですが
シェーブル系チーズやリコッタ等のフレッシュチーズとの相性も抜群です。


<プラムシロップ>

材料
プラム(完熟)        700g
グラニュー糖        210g
レモン汁              30g

作り方
1.プラムを水洗いし、ナイフで種の周りに一周切り込みを入れ、手で半分に割る。
2.,離廛薀爐鯑蕕貌れて、グラニュー糖とレモン汁を加え、混ぜ合わせる。
3.△鬘瓜間ほど常温で置く。
4.を強火にかけて沸騰させ、灰汁を丹念に取る。蓋をずらしてのせ、弱火で約20分とろみが出てくるまで煮る。途中、鍋底が焦げないよう、鍋蓋を開けて木べらで混ぜる。
5.実から種が外れているので、種を取り出す。
6.煮沸消毒した瓶に熱々のシロップを入れ、瓶を逆さにし、冷めるまで常温で置く。

<プラムソーダー>

材料
プラムシロップ        大3
炭酸ソーダー水      120cc
氷                        5〜6個

作り方
グラスにプラムシロップを入れ、氷を入れる。炭酸ソーダー水を氷にあてながら、静かに注ぐ。


*アルコールがお好きな方には、白ワインやシャンパンはもちろん、ジンロ割りなんかもお勧めですよ。







| 22:38 | レシピ | comments(0) | trackbacks(0) | posted by saya |
Pattiserie m_koide



手土産にいただいた
自由が丘のNEW パティスリー「m_koide」の夏色ケーキ達。

念願パティスリーだったので、かなり嬉しい〜

2種のシブーストにガトーモンテリマール、ムースピスターシュ&グリオットの4種。

素材の甘酸っぱさや、ほろ苦さ、リキュールの香りやナッツ香が
口に入れた瞬間ふわ〜っと広がり、幸せ度200%

ムースの口当たりもふんわかとほどよく
ベースのタルトやビスキュイのバランスも絶妙。

実に丁寧に仕込まれたケーキだな〜と
深々と実感してしまいました。

作り手の心が感じられる美味なものって
ほんと、心の栄養ですね

| 09:10 | おいしいもの | comments(0) | trackbacks(0) | posted by saya |
<< | 2/54 | >>